やがて訪れる脳の退化予防の目的で取り組んだこの場所。 文章には誤字脱字などもございますがご容赦下さい。

押し寿し配食にさくらの会と気持ち

先週は田植え後の水田管理とご奉仕。
押し寿し配食。(一人暮らしのお年寄りの皆さんに)
材料を黙々と切る。

上具は鰆とタコの酢〆、卵焼きは一番神経をつかいます。
(色目と味と厚み)

今回は一斗五升。
120パック(240個)の押し寿しと52パックのチラシ寿し。
繁忙期中の2時間半でした。

さくらの会・・・
お年寄りは甘いお寿司が大好き。
三日前に押し寿しを配食したばかりなので、さくらの会ではチラシ寿し。
キュウリと若芽の酢の物も甘めに・・・



温かい豆腐と若芽のすまし汁も準備。

サワラを二枚と薄焼き卵、山椒の葉で・・・

協力会員皆様のおかげで2時間100食余りが美味しく完成。
喜んでいただけました。
お疲れ様でした。有り難うネ。



私の常識としては考えられないことがありました。
今までにも何度かあったことなのですが・・・(我慢)
ボランティアのおかげで、気持ちが少し落ち着きつつあります。
優しい気持ちと柔軟な心でをモットーに(笑顔)
八つ当たりはどうしても園主に!!!

投稿者プロフィール

サポーター
最新の投稿

関連記事

コメントは利用できません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。