やがて訪れる脳の退化予防の目的で取り組んだこの場所。 文章には誤字脱字などもございますがご容赦下さい。

国分寺

ご近所さんへ傷んだあおりの修理に持参。

今年はどこの園地も雨が降らず水不足でやけ気味。
こちらの園地では、早くから摘果作業が行われ、実張りは順調なようでした。
小原紅早生みかん畑のタイベックが敷かれていました。


コメリで購入したスプレー缶で溶接跡部分を塗装。





所用での帰りに国分寺へ。
境内に入るとひんやりと秋の気配がいっぱい。


黒松は国分寺台の名残りで、荘厳です。
静寂感がいっぱいです。



煩悩が洗い流されました(笑)
近くのやましたうどんへ。

投稿者プロフィール

園主
スローライフな団塊世代の田舎暮らし。

関連記事

コメントは利用できません。

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。