やがて訪れる脳の退化予防の目的で取り組んだこの場所。 文章には誤字脱字などもございますがご容赦下さい。

チッパーで肥料つくり

朝晩が急に涼しくなりました。


伐採したミカンの木を畑から持ち帰り、チッパーで粉砕処理。

4車ありました。


2時間で処理。
ミカンの実が大きくなって水分を含み途中チッパーが不調になり、内部に詰まったのを取り除くのに30分。
その後は実を分離して処理。


小枝は直径3センチまでなら楽々処理できます。

発酵させ肥料化させ、幼木の根元へ敷くと雑草の発生を防ぐことができます。

肥料袋に10~15杯くらいはできるかな。
毎年発生する(ホクトの堆肥)をまいた場所に、今年は直径25cmもある、特別大きいキノコが発生。
きのこ収穫後の培地を利用した堆肥はかれこれ5回くらい利用。
マッシュルームなら食べられるのですが、テングタケの種類に似ている(笑)




涼感動画

投稿者プロフィール

園主
スローライフな団塊世代の田舎暮らし。
最新の投稿

関連記事

コメントは利用できません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。