やがて訪れる脳の退化予防の目的で取り組んだこの場所。 文章には誤字脱字などもございますがご容赦下さい。

改植準備

もと文旦園地を整地。
三尺道にせり出した李をチェーンソーで半切りし、ボブキャットにロープをかけて引き倒し。
李倒す
機械は便利。
すもも (1)
園地内に残っていた接ぎ木をした文旦の移動もボブキャットで。
接ぎ木
成功
園地隅へ移植。
移植した
トラクターで耕した後は、耕運機で地ならし。
地ならし
3月中旬には小原紅早生の苗木を植えます。
広い
エコ堆肥も発酵が順調。
エコ堆肥
後日、畝立てで準備が完了。
春めいて暖かい一日でした。

投稿者プロフィール

園主
スローライフな団塊世代の田舎暮らし。

関連記事

コメントは利用できません。

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。