やがて訪れる脳の退化予防の目的で取り組んだこの場所。 文章には誤字脱字などもございますがご容赦下さい。

Cafe du Mistral (カフェ ド ミストラル)

高松市錦町に5月オープンしたカフェ。

お店のオーナーはフランス人のCyril(シリル)さん。

生まれは、フランス南部アヴィニョン。

(Philippeさんもフランス出身で、写真撮影を快く引き受けていただきました)

美味しい本場のフランスパン、持ち帰りのサンドウイッチもオーダー受付けしているそうです。

18年前に日本に来られたとか。

Cyrilさんによると、フランスの田舎は、どこも清潔で景観が素晴らしく、日本と較べ生活ごみなど1つも落ちていないそうです。

また、フランスは地震がないので世界遺産も多く、古い民家で築100年以上のものでも不動産の価値が認められているそうです。

フランスの人口は6700万人で、年間観光客の方が圧倒的に多いとCyrilさんはおっしゃっていました。

下の写真・動画の建物もベンガラ色が目立ちますが、フランスは赤土の土壌が多いとのこと。

入って右奥の壁には、フランスの重厚な「田舎の景観」とオーナーが生まれ育ったアヴィニオンの景観が、You tube動画で再生されていました。

 

日本の景観とは大違い(笑)

世界中からの来日観光客が増えれば、国民の意識も変わるのかも(笑)

 

 

 

投稿者プロフィール

園主
スローライフな団塊世代の田舎暮らし。

関連記事

コメントは利用できません。

イベントスケジュール

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。