やがて訪れる脳の退化予防の目的で取り組んだこの場所。 文章には誤字脱字などもございますがご容赦下さい。

デコポン園地

中晩柑最後のデコポン園地へ移動。
途中通りにくくなった、高齢者一人暮らしの放棄園地沿い農道の小木刈り。

誰かがしてあげないとな~。

デコポンはハルミほど裏年がありません。
基本は、肌理が粗い樹冠部を重点に。

樹の中心部(内なり)には小さな実が多く、枝を持ち上げて念入りに。
小さいですがツルツルで肌理がいい。

どちらも規格外ですが皮の表面がこんなに違います。


樹勢の弱い樹は、回復のために来年に備えてすべてを落とすことも方法です。
サポーターは樹冠部で感じのいい実は裏ワザを使って残していました。(笑)
粗摘果作業で8割を摘果。
仕上げ摘果までまだまだです。


面白そうなタイトルだったのでamazonで注文。
クロネコヤマトが多かったのですが、今回は日本郵便で送られてきました。

投稿者プロフィール

園主
スローライフな団塊世代の田舎暮らし。

関連記事

コメントは利用できません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。