やがて訪れる脳の退化予防の目的で取り組んだこの場所。 文章には誤字脱字などもございますがご容赦下さい。

こんぴら歌舞伎

長女から、今年もチケットのプレゼントをいただきました。
お昼前に出発し丸亀市内で腹ごしらえ。

途中に丸尾本店さんへ。


今日は社長さんがおいででした。
マニアックなお酒「悦凱陣」とマニアックなお車。


似ているナンバー。

金丸座へ。

今年から椅子席も用意されていて、足の痛みも気にならずゆっくり楽しめました。

2:30分開場。


お茶子さんが撮ってくれました。

午後の第二部演目は、芦屋道満大内鏡・口上中村雀右衛門の襲名披露。
身替座禅は狂言の大曲「花子」を素材にした常盤津と長唄の掛合いの舞踊劇は能舞台風で、実に荘厳でした。

投稿者プロフィール

園主
スローライフな団塊世代の田舎暮らし。

関連記事

コメントは利用できません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。