やがて訪れる脳の退化予防の目的で取り組んだこの場所。 文章には誤字脱字などもございますがご容赦下さい。

シェ・長尾

少し前長女から、フレンチ予約しているから二人で行ってのメール。
広い敷地の非日常的なお店。

庭の蝋梅が咲き、メジロが群れていました。


2時間をゆっくり過ごしました。
オリーブぶりのカルパッチョ 有機野菜



讃岐オリーブ地鶏 季節のキノコとカボチャのピューレに続いて
ノルウェーサーモンのミキュイ 赤ワインソース 五香粉の香り

メインはさぬきオリーブ牛いんたまにくのコンフィ
シェフの奥様はパティシエ、フォンダンショコラ。温かいチョコレートと抹茶アイスが絶妙

最後に飲み物とマカロン。
シェフの父上は伝統工芸士、作品の話をいろいろお聞きしているうちにマカロンはお口の中。
園主も私も写真忘れ(笑)

園主が現役時代にお世話になったお店も良くご存じでした。
オーナーシェフの長尾さん。

お忙しい皆さん、一度足を伸ばして下さいね。

投稿者プロフィール

サポーター

関連記事

コメントは利用できません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。