やがて訪れる脳の退化予防の目的で取り組んだこの場所。 文章には誤字脱字などもございますがご容赦下さい。

きのこの鑑定

鑑定に出していた日本きのこセンターから結果報告をいただきました。
日本きのこセンター
白いきのこはマツバハリタケ。

マツバハリタケ
採取する時、色が違うけどショウゲンジかと思いましたが、ツバアブラシメジでした。

きのこ図鑑・ツバアブラシメジ
どちらも食用になるきのこで、けんちん汁、ごもくご飯にいいとか。


*きのこの難しいところは、食べられそうに見えても猛毒があるツキヨタケ(ヒラタケ似)、同じ属種でも食べられないフウセンタケ科 のきのこ(ツバアブラシメジもフウセンタケ科)などがあります。
*匂いなどでの食毒判定が難しい
*発生時から大きくなるにつれて、キノコの部位も色が変化するものが多い

きのこ類はたくさんの種類の中で、食べられるものはほんの少ししか解っていないとか。
毎年秋になると食中毒の記事が見られますが、名前を確認できないものは食べないのが一番ですね。

投稿者プロフィール

園主
スローライフな団塊世代の田舎暮らし。

関連記事

コメントは利用できません。

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。