やがて訪れる脳の退化予防の目的で取り組んだこの場所。 文章には誤字脱字などもございますがご容赦下さい。

景観

地方の財産と言えば景観とボランティア活動。
この時期になると農道は草刈りが行われて人工的なものは見えなくなりました。
地域の皆さんで作業した農道も綺麗になり、すっかり景観が変わりました。
dsc02589
dsc02586
周辺環境が変れば畑さえもが綺麗に見えるのは不思議です。
dsc02592
草刈り作業が終わった六つ林池の堤防。
dsc02595




今日はインターネットで募集をお願いした「讃岐農園暮らし」の古市様が二回目の来園。
13日の品治秀直果樹園さん、20日の山崎果樹園さん交えて、留意点・役割分担などが綿密に行われました。
13日は3団体の対応で地元の皆様にも協力を取り付け、昨日から周知活動。
昨日よりさらに色濃くなっています。
dsc02600
dsc02602
農道周辺環境も整備され、お出迎えは万全です。


夕方品治正明果樹園さんへダルマストーブ用の木材をサポーターといただきに。
園主はユンボで田の中で行ったり来たり?
「何しょん?」
ミカン収穫お手伝いの方の駐車場の整備でした。
いつも静かな青海町も、収穫時期はお出迎えの準備で忙しそうです。
dsc02605
dsc02604
来年も薪の心配はなさそうヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)
dsc02608

投稿者プロフィール

園主
スローライフな団塊世代の田舎暮らし。

関連記事

コメントは利用できません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お問い合わせ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。